北九州市立大学 同窓会 中京支部

1000年に一度かと云うマグニチュード9.0の大地震と津波に襲われた日本列島、想像を絶する惨事を目の当たりに見てのH23年3月13日(日)恒例の中京支部総会が開催された。

当初出席予定であった何人かの方も地震の対応で急遽出席出来なくなり例年と比べやや寂しい総会となった。又当日は名古屋女子国際マラソン、と全国的に注目されている名古屋市、河村市長主導による市議会議員の出直し選挙の日でもあった。マラソンは急遽中止となり、選挙は行われたが、減税日本の過半数獲得はならず、河村旋風も地震と津波に掻き消された形となった。
本部からは田村新会長と吉村組織部幹事、2名の出席を頂いた。田村会長は挨拶の中で同窓会の原点は支部活動であり、会長に就任以来支部総会参加は19支部目とのこと、精力的に各支部に顔を出し、各地の同窓生と膝を交えて語り、それが今後本部の活動に反映される、なかなか出来ないことであり、そのざっくばらんな性格と相まって頼もしく、今後の活躍を大いに期待したい。総会は支部長挨拶、活動経過報告、会計報告、23年度役員、活動計画と進み全員の承認を得て懇親会に移った。

懇親会では1年ぶりの再会にあちらこちらで懇親の輪が広がり、有意義な時間が流れた。
そして吉村幹事の自己紹介から、平成21年ひびきのキャンパス卒の伊藤君、2年ぶりの参加の紅2点の一人稲川さん東北関東大地震津波の義援金の話となり彼女が会場を回って協力をお願いした。もう一人の女性、張さん3月末で会社を退職、独立をして夢であった仕事を始めるとのこと、成功を祈るエールを送った。
栗林先輩は健康に関する自分の体験を語り、高齢者には有意義な話であった。

最後に全員での記念写真、校歌・逍遥歌を高らかに歌い母校北方に思いを馳せ、垣内先輩の一本締めで終了し、引き続き有志は2次会に向かった。会長、吉村幹事も参加し、語り、カラオケと大いに盛り上がり散会となった。

文責 昭和37年卒 渡部孝治

H22年10月20日(水)秋の高山ゴルフ大会が恒例「飛騨高山カントリークラブ」で開催されました。

2010高山ゴルフ

朝8時30分ゴルフ場に着いたときの気温は8度と少し肌寒かったが、好天に恵まれスタートの10時30分には温かくなった!  半そでで正解だ!

本日参加は6名。二組に分かれ和気あいあいとプレーをした。

結果・・全員何かの「賞」が当たるだろう・・という予測をしていたが、私は痛恨のBB賞であった。
それでも11番Par3_177Yardではピン横2メートルにつけ「ニアピン」パー! さらに18番ロング534Yardでは「ドラコン」バーディ!と、いいところもあった♪

以下結果

優勝  都竹 49/47 Gross 96 HDCP24.0 Net 72.0
準優勝 小林(H16経情) 51/47 Gross 98 HDCP 24.0 Net 74.0
3位   宮廻(S49営) 47/53 G_100 HD_24.0 N_76.0
4位   福岩(S42商) 49/57 G_106 HD_27.6 N_78.4
5位   浜本(S62済) 55/52 G_107 HD_24.0 N_83.0
6位   大迫(S50営) 51/53G_104  HD_18.0 N_86.0

文 浜本(S62済)

中京支部恒例の秋の高山遠征、今年はゴルフ組6名、散策組6名の合計12名参加でつい先日高山祭りの終わったばかりの飛騨路に16日(土)17(日)の両日繰り出した。

2010高山観光

心配された天候も良く、紅葉には少し早い時期ではあったが全員秋の飛騨路を満喫した。
散策組6名は合流後、男性3名女性3名の車2台で目的地、世界遺産の白川郷に向け出発した。

国道158号をひた走り途中御母衣ダム、庄川桜を見ながら白川郷に到着、
折から有名などぶろく祭りが開催されており、折角なのでどぶろくを頂いて行こうと白川郷をゆっくり散策した。

どぶろくを頂いて帰りは一路東海北陸自動車道を高山に戻り、ゴルフ組と合流。

郷土料理京やでの会食、2次会のカラオケ、仕上げは高山ラーメンと秋の高山を堪能した。

文:渡部(S37商)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下追記:大迫支部長より

観光組参加者:渡部さん・栗林さん・山本君・張さん・私の奥さん・奥さんの友人です。

2010高山観光

エピソードとしてネタを提供します。どぶろく祭りに参加した張さん!2杯ほどうまいうまいと飲んだはいいですが。少しよっぱらつたそうです。

女性共同作業で私の奥さんが前もつて持参した魔法瓶にのむふりして2合ほどゲットして一次会でみんなで少しずつですが堪能しました。

H21年7月11日 犬山でファミリー鵜飼を開催しました。

2009ファミリー鵜飼

5時30分:くろがね荘に集合・・・ということでしたが私が到着した5時にはほぼ勢ぞろい。
すでに盛り上がっていました。

本日参加は18名。

6時前に乗船し、さっそく食事。心配された雨もなく、まさにすずしい夏の夕暮れであります。
食事が一段落したころ音楽を鳴らしながら船が登場。中央でオカリナを吹いています。
曲は「私の城下町」・・・これがなかなか良い。

7時にいったん休憩し7時30分からいよいよ鵜飼見物だ!!

船頭が一曲歌い始めた・・・
木曽のナー なかのりさん
木曽の御嶽さん(おんたけさん)はナンヂャラホイ
夏でも寒い ヨイヨイヨイ
ハー ヨイヨイヨイノ ヨイヨイヨイ・・・・・・・・・・・・・・みんな手拍子で盛り上がる。

私は鵜飼というものを初めてみましたが歴史と情緒にあふれ存分に楽しめました。

このたび企画していただいた見谷さんありがとうございました。

2009山本君

津から駆け付けたH14卒山本君 花嫁募集中です!

=========

山本君から鵜飼の写真を頂きました。ありがとうございます。

200907犬山鵜飼
▲哀愁のオカリナ奏者

200907犬山鵜飼
▲H16卒の小林君(左)と私:浜本です・・・

200907犬山鵜飼
▲鵜飼・・・クライマックスです! かがり火がいいですね。

今後とも写真や記事がありましたらよろしくお願いします。

20年度中京支部総会 H21年3月15日 名古屋第一ホテル

 サブプライムローン、リーマンショック問題に端を発した世界的な不景気の波は、自動車産業に支えられて来た元気印の都市、名古屋にも襲い掛かり、経常利益2兆円の利益を上げていたトヨタ自動車が3月末決算予想は3,500億円の赤字に転落という想像もできない経済の急変に唯、驚き、今後どうなるのかという不安が拭えない時代が到来した。そんな中、この中京地区で活躍している同窓生500余名の1年に1度の中京支部総会が恒例により3月15日(日)名古屋第一ホテルにて開催された、経済の落ち込みで参加者の激減が心配されたが、例年には及ばずとも30余名の同窓生が駆け参じてくれ例年と変らぬ総会が開催できた。同窓会本部からは中京地区は初めてという中川組織部副会長、岩崎組織部幹事の出席を頂き、大迫支部長の挨拶に続き、中川副会長からは、女性の立場から見た同窓会の有るべき姿についての話があり、平成20年度活動報告の中で、三重地区ブロック会、ひまわり会、教職員懇談会等の活動報告がそれぞれの担当役員からあり、会計報告、21年度活動方針が承認され総会は終了した。その後、北九州市の港湾空港局営業部の立地促進課の柴田係長以下2名の方が北九州市の充実した物流施設と産業用地のPRに遠路来ていただき、同窓生には北九州市の現況が良く理解でき興味深い話があった。引き続き3名の方には懇親会にも参加いただき、今後中京支部が北九州と中京地区の交流の一助にでもなればと願っている。
 
 懇親会では1年ぶりの顔合わせでいたるところに交流の輪が広がり、新人の自己紹介や恒例となりつつあるビンゴゲームで楽しいひと時を過ごし、最後は全員での写真撮影、輪になって校歌、逍遥歌を声高らかに歌い、過ぎし日の北方に思いを馳せ、垣内先輩の一本締めで幕を閉じた。

渡部孝治(S37・商)

カテゴリー

アーカイブ

facebook